事務所概要
  • 取り扱い事業
  • 報酬規定
  • ケーススタディ
  • お客様の声
  • リンク
  • お問い合わせ
  • ケーススタディ

    case1
    • 事例

      26歳女性、アルバイトの方からのご相談。交差点で赤信号停止中に、後ろから追突され、整形外科に8ヶ月通院。首の痛みがひどく、保険会社の事前認定にて後遺症を申請するも非該当。こんなに痛いのに、非該当は納得いかないと当事務所に来所されました。

    • 被害者の症状

      頚椎捻挫(激しい痛み)、腰部打撲

    • 当事務所の支援

      事故関係の書類、後遺障害非該当理由を調べたところ、認定に必要な検査所見を出していなかった。また、後遺障害診断書の記載に不備があったため、依頼者と医師面会をし、必要な検査と新たな診断書の作成を求める。調査事務所の理由に対する異議申立書を作成し、異議申立を行う。

    • 結果

      非該当から14級が認定され、自賠責75万円を受け取る。
      その後、示談交渉では折り合いがつかず、あっせん機関を利用。当事務所があっせん機関に提出する証拠書類を作成する。結果、保険会社提示金額の2倍の示談金を受け取ることができ、依頼者が納得される。

    case2
    • 事例

      30歳代の夫婦。信号待ちで停止中に追突され、夫婦とも首と腰に痛みを残す。夫のみ、手にしびれがあり、頭痛や疼痛、倦怠感がひどい。

    • 被害者の症状

      当初は頚椎捻挫、腰椎捻挫だったが、後の診断で夫はバレリュー症候群

    • 当事務所の支援

      最初に相談に来られた時から、夫の症状がひどく、ただの捻挫ではないと判断。専門医を紹介し、受診してもらう。結果、夫の診断はバレリュー症候群。夫婦とも治療を続けてもらい、症状固定時に、当事務所が医師面談に同行。必要な検査と後遺障害診断書の記載の仕方を医師に説明させていただく。被害者請求にて後遺症認定を申請。

    • 結果

      夫は12級、妻は14級が認定され、それぞれ自賠責224万と75万を受け取る。等級に不満は無いとのことでしたので、当事務所が損害賠償請求書を作成し、そのまま示談交渉を行っていただく。 示談交渉の折り合いがつかなかったため、あっせん機関を利用。その証拠書類は当事務所が作成する。 結果、夫婦で保険会社提示金額の1.8倍の示談金を受け取ることができた。

    case3
    • 事例

      28歳の女性。派遣社員の方からのご相談。 夜21時に道路の脇を歩いていたところ、車にひっかけられ、土手を転がり落ちました。足の甲の骨を折り、顔面の傷跡が残りました。 相手の保険会社に、こちらの過失を10%主張されています。

    • 被害者の症状

      骨折、醜状障害、頚椎捻挫

    • 当事務所の支援

      まず、相手方からの過失の根拠があいまいであったので、問いただして反論したところ、こちらの過失は0になりました。 6ヶ月経過後、当事務所が医師面会をし、後遺症認定を被害者請求にて行う。

    • 結果

      醜状障害は基準を満たせずに非該当であったが、神経症状で14級が認定され、自賠責75万を受けとる。依頼者としては、傷の大きさの違い少しで等級が変わるのが不満であったが、異議申立での認定は困難であること伝えると、納得する。 その後、示談は決裂し、あっせん機関での解決。 保険会社提示の2.2倍の示談金を受け取ることができた。

    case4
    • 事例

      42歳男性、会社員からのご相談。 バイクで直進中、右折車と接触。救急車で運ばれ、緊急手術をし、脾臓摘出と鎖骨骨折。事故後、2ヶ月入院。相手の保険会社から15%の過失を主張される。

    • 被害者の症状

      脾臓摘出 鎖骨骨折による上肢機能障害 頚椎捻挫

    • 当事務所の支援

      過失割合については、お互い譲らず。訴訟にて決着の意向。 10ヶ月経過後、当事務所の医師面会、検査支持で被害者請求により後遺症認定。 結果、脾臓摘出13級だったが、上肢機能障害が評価されず。 新たな医証を準備し、異議申立書を作成して、異議申立を行う。

    • 結果

      結果、上肢の機能障害について10級が認定され、脾臓摘出と併合9級が認定。自賠責600万を受け取る。 その後、当事務所の提携弁護士をご紹介し、訴訟継続中。

    case5
    • 事例

      38歳主婦からのご相談。 自転車で直進中、後ろから来たタクシーに接触される。神経症状がひどかったが、最初に診断された医師には、特に悪いところは無いと言われる。また、事故後から、タクシー会社の事故係の対応が悪質で、かなり精神的にまいった様子で来所される。

    • 被害者の症状

      最初、頚椎捻挫、全身打撲であったが、転院後、バレリュー症候群。

    • 当事務所の支援

      まず、最初の医師では適切な診断を下してくれないと判断。転院を薦め、専門医をご紹介する。そこでの診断はバレリュー症候群。ブロック注射等の治療となる。タクシー会社に対しては、通知書を作成し、こちらが損害賠償請求書を送付するまでは依頼者への接触は拒否する。 約1年の治療後、当事務所が医師面会、被害者請求で後遺症認定申請。 結果、14級が認定、75万を受け取る。しかし、納得がいかないため、新たな医証と異議申立書を作成し、異議申立を行う。

    • 結果

      結果、14級のままであった。依頼者と相談し、再度の異議申立は断念。 その後、示談交渉は折り合わず、当事務所提携弁護士に訴訟を依頼。 結果、タクシー会社提示の2倍の金額を受け取っている。

    (注)
    以上、いくつか事例をあげていますが、必ず上位等級が取れるわけではありませんし、示談金が何倍も取れるわけでもありません。しかし、多くの場合、保険会社が提示してくる金額より、私達専門家が支援したほうが金額が上乗せされます。いろいろご不安な点はあるかと思いますが、まずはご相談されるといいと思います。私達が、解決の糸口を見つけるサポートをさせていただきます。